アイアンガーヨガとは

記事一覧

オロップ先生×ミチヨ先生

ファイル 12-1.jpg

オロップ先生が大阪・勝尾寺でのリトリートの後にミチヨスタジオでも1レッスンをしてくださいました。バリ島でのレッスンと同じようにとリクエストとしたところ、オロップ先生の決めたテーマは生理中でも参加できるようにと「Hip Opening」。始まったレッスンは日本ではなかなか体験したことのない、のっているときのミチヨ先生以上の攻めのシークエンスで充実した時間になりました。私的には後半のウパヴィシュタ・コーナアサナで「これっ私の脚?」というほど股関節が開発されていて、慎重さ、繊細さも必要だけどそのうえでの大胆さや冒険も大切だと感じました。皆さんそれぞれに新たな刺激があったのではないかと思います。このレッスンにはミチヨ先生が生徒として参加されて、これもまた新鮮な体験でした。(次の日、オロップ先生がミチヨ先生のクラスに生徒として参加されました☆)http://picasaweb.google.co.jp/iyengar.friends.m/YopwgD#
↑あっという間に過ぎてしまった楽しい時間の思い出をUPしました。
今回のレッスンの実現のためにたくさんの方に協力していただきました。ありがとうございました。

2009年5月3・4・5日 京都・妙心寺WS

遅くなってすみません。みんなでとった写真をUPしました。みんないい顔をしています。http://picasaweb.google.co.jp/iyengar.friends.m/20095345#

モンロー印のブルマ

ファイル 10-1.jpg

かわいいアイアンガーヨガブルマーが欲しい!そんな勢いだけで作ってしまいました。
ブラックとピンクの2色展開。一枚1500円でスタジオで絶賛販売中です。
売れるかすこし不安だったのですが、試着したほとんどの人が購入しています。
ブラックを履くと本格アイアンガーヨギー風、ピンクは実はアイアンガーヨギー風になれます。
モンロー自らモデルをつとめてくれました。

三千代先生誕生日祝い+?

ファイル 9-1.jpg

8月2日三千代先生の誕生日をスタジオで大勢の仲間とともにお祝いしました。スタジオでの2度目の三千代先生の誕生日=スタジオ一周年!
たくさんの人たちの支えがあって、お祝いする事ができました。
ありがとうございます。
これからも一回でも多く、みなさんと愉しい時間をすごせますように!
写真をUPしました。↓
http://picasaweb.google.co.jp/iyengar.friends.m/TzAFNH#

6月(2009年)-インバージョン(逆転)-

インバージョンっとなるとスタジオから足がとおのいてしまう人がいるほど、苦手にしているひとが多い「インバージョン」。これまでの2週間はインバージョンのポイントになる引き上げる力を作り上げて、無理なくあがるシークエンスでこのテーマを楽しんでいます。久しぶりのインバージョンで感じるのはリラックス効果!サーランバ・サルワーンガアサナ(肩立ちのポーズ)の後のシャヴァアサナの気持ちよさ。このまま眠ってしまいたい。ミチヨ先生によると首の後ろの「迷走神経」が刺激されるらしいです。

5月(2009年)-道具-

毛布のたたみ方や、置きかた、ベルトをかける位置など道具を使うときに細かい指示がでるアイアンガーヨガですが、上手く道具を使えるとそれまで感じることのなかった気持ちよさや発見があったりします。5月はベルトを使って肩甲骨周辺を開発したり、自分の身体の一部を道具に見立てるアプローチなどがありました。おぉっ!というような発見があった人が少なくなかったんじゃないかと思います。正確に使用することで、身体の一部になってサポートしてくれたり、弱点を教えてくれたり、使わないことで教えられることもあったり、と奥が深~いプロップス。アサナでアライメントを意識するように、道具使いも丁寧に、正確に、と考えさせられたテーマでした。

ケガはチャンス?!

サチコ先生がトリコーナアサナで前側の脚の膝が痛くなる、と相談された生徒さんに言っていました。アサナで痛みを感じたら、アライメントを見直してみる、筋肉の力の方向を変えてみる、アプローチを変えることで痛みが消えていくことがあります。痛みが身体の使い方が間違っていると教えてくれているようなもの。ヨガは自分を映す鏡である(アイアンガー先生)への第一歩の作業を行うチャンスを与えられているといえるかも。

股間節を制するものはものは、

ヨガを制する...、ミチヨ語録です。去年の京都のWSでは、トリコーナアサナを制するものはヨガを制するとおっしゃっていました。そこからさらに一歩踏み込んで、股関節。先生がインドから帰ってこられて、毎回毎回しているのがパーダーングシュタアサナ。壁を使ったり、床を使ったり。しつこく、ねちっこく練習しています。これをすると本当にトリコーナ・アルダチャンドラ・パールシュワコーナなどなどがするする、と入りやすくなります。いつもより立ちポーズが安定してキープできますよ。

日曜特別クラス

ファイル 4-1.jpg

もう一度基礎からアイアンガーヨガに取り組んでみたいひと、日曜日にしか時間がないひとのために日曜特別クラスを行いました。

3時間ほとんど休みなし。皆さん、足の後ろ側は次の日、大丈夫でしたか?(笑)

ご参加いただいた皆さんからの感想をお待ちしてます。

三千代スタジオが一日だけ名古屋に引っ越しました。

ファイル 3-1.jpg

当スタジオがオープンして以来、はじめてのワークショップ(WS)は名古屋でした。

名古屋からだけではなく、三重や富山など遠方からお越しいただきありがとうございました。

今後名古屋で定期的にWSができれば、と考えています。

WSに関してのリクエスト、ご意見等あれば info@iyengaryoga-stuido.jp にご連絡ください。