アイアンガーヨガとは

記事一覧

6月(2009年)-インバージョン(逆転)-

インバージョンっとなるとスタジオから足がとおのいてしまう人がいるほど、苦手にしているひとが多い「インバージョン」。これまでの2週間はインバージョンのポイントになる引き上げる力を作り上げて、無理なくあがるシークエンスでこのテーマを楽しんでいます。久しぶりのインバージョンで感じるのはリラックス効果!サーランバ・サルワーンガアサナ(肩立ちのポーズ)の後のシャヴァアサナの気持ちよさ。このまま眠ってしまいたい。ミチヨ先生によると首の後ろの「迷走神経」が刺激されるらしいです。

5月(2009年)-道具-

毛布のたたみ方や、置きかた、ベルトをかける位置など道具を使うときに細かい指示がでるアイアンガーヨガですが、上手く道具を使えるとそれまで感じることのなかった気持ちよさや発見があったりします。5月はベルトを使って肩甲骨周辺を開発したり、自分の身体の一部を道具に見立てるアプローチなどがありました。おぉっ!というような発見があった人が少なくなかったんじゃないかと思います。正確に使用することで、身体の一部になってサポートしてくれたり、弱点を教えてくれたり、使わないことで教えられることもあったり、と奥が深~いプロップス。アサナでアライメントを意識するように、道具使いも丁寧に、正確に、と考えさせられたテーマでした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ